11月22日=いいふうふの日

毎年11月22日は『いい夫婦の日』。
『いい夫婦の日』とは、「ふたりの時間」を大切にする日です。

1988年に、公益財団法人日本生産性本部余暇総研が提案し、のちに制定された記念日です。

この時期になるとテレビや雑誌などで、芸能人の仲良し夫婦が紹介されたり、芸能界の理想の夫婦・カップルが選出されたりするので、
日本に数ある記念日の中でもよく知られた記念日かもしれません。

最近は、この日は縁起が良いということから、
入籍日を11月22日にするカップルも増えているそうです。

普段パートナーに伝えられない想い

「家事をしてくれてありがとう」
「仕事頑張ってくれてありがとう」
「◯◯をしてくれてありがとう」

日常の暮らしの中で、長い時間一緒に生活していると、
どうしてもそれがあたりまえになってしまうことって、
結構ありますよね。

「いつも感謝しているけれど、近しい存在だからこそ、改まって言うのはなんだかな・・・」

忙しかったり、恥ずかしかったり、照れくさかったりで、
実際は伝えたいのに伝えられない「ありがとう」の言葉。

『いい夫婦の日』を通して、
感謝をこめて「ありがとう」を伝えたり、
プレゼントを贈ったり、
手書きのメッセージを贈るのもいいですね。

その他の11月22日~今日は何の日?

大工さんの日
22日は大工の神様とされる聖徳太子の命日(622年2月22日)であること、「11二二」を組み合わせると、11はニ本の柱を表わし、ニは土台と梁あるいは桁を表して軸組合の構造体となり、11月22日が大工との関係が密接であることから。

ペットたちに感謝する日(THANKS PETS DAY)
ペット関連の事業を行うピーツーアンドアソシエイツが制定。犬の鳴き声「ワンワン」と猫の鳴き声「ニャーニャー」から。

長野県りんごの日
全国農業協同組合連合会長野県本部(全農長野)が制定。
「いい(11)ふじ(22)」の語呂合わせ。
全国2位の生産量を誇る長野県産のりんごの美味しさをアピールする目的。
長野県産りんごの代表的な銘柄「ふじ」の最盛期に合わせた記念日。日本記念日協会認定記念日。

関連記事

  1. 潤いのもと…『フィラグリン』

  2. 2021年の立冬