紫外線対策は年中無休!

紫外線の量は5~6月から徐々に増え、7~8月の真夏の時期にピークに達します。
9~10月でも、実は5~6月と同程度で、ピーク時の6割程度。
1年の中で最も紫外線量が少ない12月~翌年2月でさえ、晴れの日はピークの4割程度と言われています。

冬の紫外線量は1年の中で最も少ないものの、1年を通して降り注いでいるので注意が必要です。

そして冬は空気の乾燥や暖房の使用により、肌がうるおい不足になりやすくなります。

肌に水分が足りなくなると、紫外線から守るバリア機能が低下するため、紫外線のダメージを受けやすくなり、たるみなどの肌老化に繋がります。

■冬の紫外線の特徴

① 夏よりも低い位置から紫外線が当たる

太陽の位置によって、紫外線の当たり方は変わります。
真上から紫外線が当たる夏は、髪の毛や鼻、頰の高い位置などが日焼けしやすい一方で、顔全体や首などは紫外線が当たりにくくなります。

冬は太陽の位置が低いため、顔全体や首などに紫外線に当たりやすくなります。

② 肌の色など目に見えるような変化がない

夏は紫外線量が多いので日に当たると肌の色がすぐに赤くなり、黒くなりますが、
冬は紫外線量が少ないので、目に見えるような変化が現れません。

そのため対策を怠りがちで、知らず知らずのうちに、たくさんの紫外線を浴びてしまう可能性があります。

■冬の紫外線対策

① 日焼け止めを塗る

冬でも日焼け止めを塗ることをおすすめします。
しっかり保湿しながら紫外線から肌を守る

皮脂や毛穴のケアをしながら、紫外線から肌を守る

お肌の状態や環境、お好みの使い心地に合わせてお選びいただけます。

② 保湿ケア

肌の乾燥によるバリア機能の低下を防ぐために、保湿ケアをこまめに行いましょう!

イタリア語で『巨匠』を意味する「ヴィルティオ」は、まさに保湿の巨匠

肌そのものが持つ潤い成分をたっぷりと配合したヴィルティオは、肌に馴染みながら水分を保ち、肌をしっとり潤す保湿ジェル。
寒気や暖房などの外的刺激や乾燥から肌をしっかりと保護します。

肌を守り、健やかに保つ乳液。

アロマの業界でも高級として有名なオイルや、肌荒れしたお肌の救世主となるエキスなどが贅沢に配合され、
肌トラブルを引き起こすさまざまな要因から肌を守り、潤いを保ちながらなめらかな肌に仕上げます。

ニキビ肌、乾燥肌、敏感肌どんなお肌の方にもご使用いただける肌質を選ばない乳液です。

③ 抗酸化作用のある食品をとる

紫外線を受けると、体内の活性酸素が増え、これが真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを壊し、皮膚の老化を引き起こします。

発生した活性酸素に対抗する「抗酸化作用」のある食事を取ることも、老化を防ぐことにつながります。
ビタミンCが多いキウイやトマト、ビタミンEが多いナッツ類や大豆といった果物・野菜をとると効果的!

④ 水分をとる

紫外線によるダメージを受けた肌は、湿度の低い冬、乾燥をより感じやすくなります。
乾燥した肌に対しては外から保湿するだけでなく、積極的に水分を摂取することも大切です。

目安は1日1~1.5ℓくらい。特に冬は夏に比べて、水を飲む量が減りがち。
例えば午前中500mlのペットボトル1本、午後も1本、夜1本…といった感じで、
目安を決めて少しずつ飲むようにするのがマル!!

紫外線対策は年中無休!冬も油断せず紫外線から肌を守りましょう!

関連記事

  1. 4月スタート(^^)/♬

  2. 【VS 外的環境ストレス】肌をリセット!!

  3. サッパリスッキリW洗顔!

  4. 5月の日差し!!気を付けて!

  5. 体内時計をリセット!生活リズムを整えよう

  6. あなたの『シワ』は、どのタイプ?