【VS 花粉】花粉による肌荒れを防ぐポイントは??

毎年毎年この時期になると気になるのが「今年は花粉、いっぱい飛ぶのかな~。」

スギやヒノキの花粉飛散数は、予測する前年夏の気象条件と前年春の花粉の飛散量が大きく影響します。

日照時間が長く、気温が高いと花粉飛散数が多くなり、花粉が多く飛んだ翌年は、
花粉飛散数が少なくなる傾向がみられるそうです。

2020年6月は、全国的に日照時間、気温ともほぼ平年(過去10年の平均)並みでしたが、
ヒノキ花粉に最も影響の大きい6月上旬の日照時間は、2019年と比べてかなり多くなったそうです。

7月は梅雨前線の影響で曇りや雨の日が多く、気温も平年より低かったのですが、8月は一変して記録的な猛暑でした。

このような状況から、2021年春の花粉飛散数は、一部地域を除いて2020年より多くなる見通しです。

3倍以上になる地域もあると予測されているため、万全の対策が必要です!

花粉による肌荒れを防ぐポイントは?

①付着した花粉を早く落とすこと。
②花粉をなるべく体に付着させないこと。

毎日行う肌のお手入れポイントは、次のとおりです。

【クレンジングセラム VS 花粉】

帰宅したらすぐにクレンジングで、メイクとともに花粉を落とす!
花粉によるアレルギーや炎症に立ち向かう『アラントイン』

花粉などの外的環境ストレスによって発生する活性酸素で
進む肌の酸化にアプローチする『酢酸トコフェロール』

ただ皮脂やメイク類を落とすだけではない驚愕のクレンジングです。

Winner!!!

【シャンプー VS 花粉】

髪に付いた花粉を洗い流す!
シャンプーでありながら、地肌の炎症を抑え、痒みがでるのを防いでくれる『アロエフェニックス葉エキス』『グリチルリチン酸2K』
傷んだ髪を修復し、保湿成分に富んだ『加水分解シルク』で、
花粉が髪に付着しづらいようにコーティングしてくれます。

Winner!!!

【ヒドラソープ VS 花粉】

洗髪の後、ぬるま湯で十分に泡立てた洗顔料を使い、泡で包み込むようにやさしく洗顔する!
極上の保湿力に加え、炎症を防ぐ『黒砂糖』
敏感な肌を優しく洗浄してくれる『オクテニルコハク酸トレハロース
洗顔しながらも、潤いを与える成分がたっぷり配合された贅沢なソープです。

Winner!!!

【SSローション VS 花粉】

刺激がなく保湿力の高い化粧水をたっぷりと付ける!
肌荒れを防ぐ『トラネキサム酸』
アレルギーや炎症を抑える『グリチルリチン酸ジカリム』

肌自ら潤いを生み出す力を高める『ゼニアオイエキス』etc…

とにかく、肌が敏感になるこの季節には、是非お持ち頂きたい薬用ローションです。

Winner!!!

***********************************************

どうしても避けられない春肌の敵ともいえる花粉ですが、スキンケアでのちょっとしたコツを掴んで頂くことで、過ごしやすくなります。

詳しいお手入れ方法は、担当アドバイザーにお問合せ下さいませ。

春と戦うお肌シリーズ!

希望に満ちたうららかな春が到来。
でも実は春は、お肌にダメージを与える多くの敵との壮絶バトルのシーズンでもあるのです!

そこで、モイスティーヌでは春のお肌の敵と攻略法をご案内しています!
ぜひこの春の素肌ケアにお役立てください♪

春と戦うお肌!各ページはこちらからどうぞ♪

  VS紫外線「先手必勝で、紫外線対策!」≫
  VS 活性酸素 「笑顔溢れる爽やかな春を!!」
 VS外的環境ストレス「肌をリセット」≫

関連記事

  1. コフレの感想

    I ♥ モイスティーヌコフレ

  2. 【VS 外的環境ストレス】肌をリセット!!

  3. ご存じですか??「S.S」

  4. スキンコンディショナーのココがすごい!!

  5. 夏への準備・・・?

  6. マスクで熱中症??