乾燥に負けない肌をつくるために…

乾燥に負けない肌をつくるためには、
肌のターンオーバーを促し、肌の底力を上げてくれる美容成分をしっかり届けることがポイントです。

【洗顔】

32℃~34℃のぬるま湯で、クレンジングとソープで肌汚れを丁寧に取り除き、
深部洗顔で毛穴の汚れもしっかりとオフします。

【化粧水】

アミノ酸が豊富に配合された化粧水をたっぷり使い、
スキンコンディショナーでのビューティーマッサージで、
肌の血行促進のサポートをすることで、ターンオーバーが整い、保湿力がアップします。

【美容液】

ヒアルロン酸やビタミンC誘導体などの保湿成分真皮のコラーゲンの材料となる美容成分を、肌にしっかり浸透させます。

【乳液】

角質を整えてバリア機能を高め、肌表面を守ってくれる乳液をやさしく塗布します。

【紫外線対策】

朝は、スキンケアの最後に紫外線ケアとして日焼け止めが必須です。
UVーA波は、季節を問わず1年中降り注ぎ、肌のバリア機能を通過して、真皮に到達し、肌細胞にダメージを与えます。
スキーなどのウィンタースポーツをされる方は、とくに忘れずに!

【他にも気を付けたいアレコレ…】

◆入浴
約40℃の少しぬるめのお湯につかりましょう。
◆睡眠
加湿器などで、寝室の湿度を50~60%に保ち、良質な睡眠を!
◆食事
体を温める温野菜や野菜スープなどでビタミンを意識的に摂取。

他にも…
ビタミンC(柑橘系果物など) … 美肌をつくる
ビタミンA(レバー・鰻・まぐろなど) … 皮膚や粘膜の潤いを保つ
ビタミンE(ナッツ類・モロヘイヤなど) … 血流を促す
アスタキサンチン(エビ・カニ・イクラ・鮭など) … 抗酸化作用
もおすすめです。

冬も乾燥に負けない健康的でつややかなお肌で過ごしたいですね。

関連記事

  1. 情報誌 Moisteane 冬号

  2. 2021年の立冬

  3. 一年の締めくくり

  4. 11月22日=いいふうふの日

  5. 今日は冬至です!!