あなたの『シワ』は、どのタイプ?

ひとくちに『シワ』といっても、そのでき方や状態により、様々な種類があります。シワの種類をみてみましょう。

①ちりめんジワ

加齢や体内の異常によってできます。
脱水症状・急激な体重減少・栄養失調など体内の異常が原因の場合には、
原因を除去し、保湿機能を高めるお手入れと、タンパク質やビタミンを多く摂取することで、ほぼ気にならなくなります。

血行や皮脂腺の分泌活動が衰えているので、お肌を労わりながら行うビューティーマッサージも大切です。

②小ジワ

目や口の周りにできる小さなシワで、20歳代の人にもよく見かけられます。

皮膚を乾燥させ過ぎたために生じる表皮の異変が主な原因。

保湿成分をたっぷり含んだローションや美容液などで、潤いを与えるお手入れをすることにより、
ほぼ気にならなくなりますが、放置すればシワはどんどん深くなっていきます。

20代半ばまでは、深さは10ミクロン程度ですが、その後、急カーブを描いて深まっていきます。

③表情ジワ

私たちの顔には約40種類もの表情筋があり、
それらが互いに収縮したり弛緩したりして表情が形づくられています。

その際につくられるヒダやくぼみが表情ジワです。

加齢と共に、表情ジワは深さを増し、次第に固定されてきます。

④大ジワ

真皮のコラーゲンや弾力繊維(エラスチン)の
変性&減少によって、皮膚表面の皮溝(ミゾ)が深くなったものです。

様々なシワの最終形ともいわれ、できてしまうと一般的には完全な回復は難しいとされています。

攻略法

シワができるのには、原因があります。

◆紫外線
◆加齢
◆乾燥
◆生活環境(ストレス・睡眠不足・食事)
など…。

しかし、どの原因であれ、皮膚が乾燥したことによる『皮膚の水飢餓』状態によって生じているのです。

モイスティーヌでは、スキンコンディショナー
マッサージモードにより、
外から潤いや栄養を補うだけでなく、肌が本来持つ力を呼び起こし、
表皮・真皮ともに自らが潤いを生み出し、それを保つ力を高めています。

その為、一般的には難しいとされている大ジワに対してもアプローチでき、内側からぷるっとした、ハリと弾力のある肌を実感して頂くことができます。

麗らかな陽ざしの下、シワを恐れず、自分らしい笑顔で、春を満喫して下さいね。

関連記事

  1. 贅沢成分たっぷりの極上のW洗顔

  2. 健康な頭皮のために心掛けたいことは…?

  3. ベタつく季節におすすめのアイテム!

  4. 【VS 紫外線】先手必勝で、紫外線対策!

  5. 5月の日差し!!気を付けて!

  6. マスクで熱中症??