“きれい”へのスピードアップのひと手間とは??

そのひと手間は「収れん」です!

“収れん”とは、“引き締める”ことです。
モイスティーヌでは、スキンコンディショナーでお手入れをした後のお肌を引き締め、
整える目的で2つの収れん方法を『W収れん』と名付けて行って頂いています。

ひとつめ…【冷タオル収れん】

◆冷たいタオルを10秒程、顔にのせます。
ウォーマー機能(※1)によって高まった肌の働きを元の状態に戻し、毛穴を引き締めます。

(※1)スキンコンディショナー(モイスティーヌⅣ)の場合

ふたつめ…【コットン収れん】

◆コンディショナーから取り外したコットンに新たに化粧水を含ませ、顔全体になじませます。
肌表面に潤いを与えながら、キメを整えます。

「収れん、つい抜いてしまうのよね~」

お手入れのフィニッシュにとても大切になるこの『収れん』ですが、実は意外と、
『抜いてしまうのよね~』
なぁんてお声もチラホラ…と(笑)
でもでも、これ、美肌の“仕上がり”に大きく影響してくるのです。

私たちの顔には、約20万個の毛穴があります。
スキンコンディショナーでのお手入れの効率を上げるために搭載されているウォーマー機能によって、
肌はほんのり温まっています。毛穴も、少し緩んだ状態です。
冷タオル収れんにより、高まった肌の働きを、クールダウンさせ、緩んだ毛穴をキュッと引き締めることで、
リフトアップを実感頂けることはもちろん、肌色が均一になり、透明感がぐっと高まります。

毎日、お手入れを頑張っていらっしゃる40代のT様でしたが実は、この冷タオル収れんを少し、おさぼりされていらっしゃいました。
アドバイザーより、『なぜ、収れんが必要なのか』をお伝えさせて頂いたところ、
『騙されたと思ってやってみる!』と1か月、頑張って下さいました。
1か月後、フェイスラインのたるみがすっきりとされ、
リフトアップしたご自身のお写真をご覧になり、びっくり!
『お金も掛からない、こんなちょっとのひと手間で、お肌がこんなに変わるんですね!』
と感動されていました。

夏!冷タオルの作り方、あれこれ

◆『洗顔に使ったタオルを、その場で濡らして絞り、お手入れ前に冷蔵庫に入れてます』
◆『冷蔵庫のペットボトルに、冷タオル用のお水を常備してます』
◆『お風呂上りに、洗面器に水を入れ、冷凍庫の保冷剤をポンと入れて作ってます』
———————————————————-
なるほどー、皆さん、いろいろ工夫されてますね
ちなみに冬は水道水でも十分冷たいので大丈夫ですね
ぜひ『ひと手間』でますます美しく、快適な夏をお過ごしくださいね。

関連記事

  1. 潤いある肌はトラブル知らず(*^-^*)

  2. 【VS 活性酸素】笑顔溢れる爽やかな春を!!

  3. 今日のモイスティーナーin松本サロン

  4. もっときれいになりたい!

  5. あなたの『シワ』は、どのタイプ?

  6. 暑さに負けない!みずみずしい透明な肌